アーカイブ

傷としお。

自分にかけたおまじまいが、膿んできてしまった。


2016年1月18日(月)、2016年8月3日(水)
振付・出演:亀頭可奈恵
出演:阿部真理亜・岡安夏音子・佐々木萌衣・田端春花・吉田圭
日暮里d倉庫

オーディエンス賞受賞

何かの映画で「親は子供を選べるけど、子供は親を選べない」といっていたことを思い出しました。
それを聞いた時、確かになと納得するのと同時に、この世に産み落とされた時点で、私って取り返しがつかない出来事なのではないかと考えるようになりました。
昔から、保険が効かないとか、もうやるしかないとか、一つしかない、背水の陣、ということに魅力を感じていたため、「取り返しがつかない」という考え方には、興奮に似たような、ロマンスを感じました。
また、それが自分で起こした出来事で取り返しがつかないのであれば、より存分に楽しいのです。
そこで、私は自分に魔法をかけるという形で、取り返しがつかない状況を自分に作ることにしました。
「ああ、なんということだ…自分にかけたおまじまいが、膿んできてしまった。処置を施せば施すほど、どんどん悪化してきてしまう。ああ、もう、戻れないところまで来てしまった。」